契約を急かし過ぎる車買取の業者は要注意

契約を急かし過ぎる車買取の業者は要注意

車の買取を行う時には、業者選びはほぼ必須です。その選ぶ基準には色々なものがありますが、その内の1つは契約の急かし具合です。
基本的に車の買取業者というのは、急いで買いたいと思っている一面はあります。ただその急いでいる雰囲気も、業者によって色々と違いがあるのですね。

 

契約を急かす業者に危うく売りそうになった事例

 

以前にある方は、業者が急かしてきた事によってちょっと不審に思ったそうです。ある査定士の方に来てもらったのですが、その方は一刻も早く車売却の契約を取りたいと思っている雰囲気が感じられたようですね。それで結局その方は、その業者には車を売却しなかったのだそうです。
ところでその方は、後日になって別のお店で車を見てもらいました。ちなみに車の買取店ではなく、オークションの代行業者で依頼をしていたようですね。その代行業者の場合は、上記の車買取店に比べれば遥かに高く売れたのだそうです。危うく車を安く売る事になっていたかもしれないと思うと、恐怖感のようなものを覚えたようですね。

 

営業マンが急いでも売り急がないのが大切

 

ちなみに上記の買取店が、なぜ急かしていたかは不明です。営業マンの月間目標があって、それを達成するために焦っていたのかもしれませんね。事情はともあれ、上記の方はそのお店に対して売却をしなかったのは正解だと思います。
このように必要以上に契約を急かしてくる業者は、何らかの問題が潜んでいる事が多々あると言われています。営業マンですので契約を急ぐのはある意味当然ですが、「急かし過ぎを感じた時には車の売却を控えるのも一法」という訳です。
基本的に車買取では、あまり急がない方が良いと思いますね。1日経過した程度で車の金額が大きく下がる事はありませんので、営業マンのペースに飲まれず、冷静に待ってみる姿勢は大事だと考えます。